自転車通勤始めました


by mb2q4mksha

<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 92年バルセロナ五輪柔道男子78キロ級金メダリストで、総合格闘家の吉田秀彦選手(40)の引退試合が25日夜、東京・日本武道館で1万2093人(主催者発表)の観客を集めて行われた。吉田選手は、柔道出身で弟子の中村和裕選手(31)と対戦。5分3ラウンド制の試合は、吉田選手が0−3の判定で敗れた。

【写真特集】吉田秀彦、武道館での引退試合の様子を写真で

 吉田選手は今後、柔道界へ指導者としての復帰を目指す。全日本柔道連盟の規定では、プロ格闘家の指導者復帰はプロの登録・契約終了から1年間の経過が条件になっており、試合後の会見では「今は柔道界に戻れない。そういう(アマとプロの)壁を取り除きたい」と語った。当面は自身の道場での柔道指導や子ども向けのイベントなどで競技普及に取り組んでいくという。

 吉田選手は02年8月に総合格闘家としてデビュー。今年2月に肩のけがなどを理由に現役引退を発表した。【安田光高】

【関連ニュース】
【写真特集】Dynamite!!:石井、凡戦で吉田に完敗 試合後会見もキャンセル
【写真特集】戦極:バーネット、柔道王・吉田をバックドロップで粉砕  旗揚げ大会
吉田秀彦:6月に柔道界復帰! 実業団を指導へ
吉田秀彦:引退戦直後に講師で柔道界復帰
吉田秀彦:113キロ!“自己最重量”で花道飾る

<変死>茨城の路上で胸に刃物が刺さった女性 殺人で捜査(毎日新聞)
就任2カ月で副市長辞任、市政混乱で引責 大阪・守口(産経新聞)
明石歩道橋事故 元副署長を強制起訴 改正法に基づき初(毎日新聞)
協会けんぽの低い健診率に改善求める声−厚労省内仕分け前半が終了(医療介護CBニュース)
舛添氏 近く離党の意向 新党結成目指し「最後の詰め」(毎日新聞)
[PR]
by mb2q4mksha | 2010-04-27 19:28
 細菌に強い新しい品種のカーネーションを、農業・食品産業技術総合研究機構「花(か)き研究所」(茨城県つくば市)が開発し、「花恋(かれん)ルージュ」と名付けた。病気に負けない「枯れん」と「可憐(かれん)さ」をかけ、誰からも愛される花に、との願いが込められている。

 カーネーションには「萎凋(いしゅう)細菌病」と呼ばれる病気がある。発生すると数百本以上がまとまって枯れるため、園芸農家の悩みの種になっていた。

 研究所は90年ごろ、野生のカーネーションの一種がこの病気にかからないことを見つけた。しかし花が直径1〜2センチと小さく、園芸には向かなかった。

 そこで、この野生種を園芸用の美しい品種と交配、5世代約20年をかけて深紅の「花恋ルージュ」を作った。細菌を根につけて試すと、他の品種は87〜97%が発病したが、花恋の発病率は約7%だった。

 新品種は来年、種苗業者に配布された後、一般農家で栽培され、13年の母の日には市場に並ぶ見通しだ。【高木昭午】

【関連ニュース】
カーネーション:銀座のビルに3000本展示 日本生産100年を記念
カーネーション:母の日ピンチ 日照不足で開花遅れ 金沢花市場、出荷2割減 /石川
ぐるっと秋田:横手湯沢特集 母の日に鉢植えサクランボ 湯沢の農家取り組み /秋田
香川県農業試験場野菜・花き部門 /四国
近江風物詩2010:アンスリウム(東近江市) /滋賀

65歳以上、過去最高の22.7%(医療介護CBニュース)
山崎さんシャトル、帰還へ=天候不良で再挑戦−米ケネディ宇宙センター(時事通信)
「基本方針」修正必要…官房長官示唆(読売新聞)
<石原都知事>新党の発起人に 手詰まりの都政に嫌気?(毎日新聞)
<精神医学>裁判員向け初の用語集出版(毎日新聞)
[PR]
by mb2q4mksha | 2010-04-23 04:49
 内閣府が19日発表した3月の消費動向調査によると、半年後の暮らしの明るさを示す消費者態度指数(一般世帯)は、前月比1.1ポイント上昇の40.9と、3カ月連続で前月を上回った。水準も昨年ピークの9、10月(ともに40.5)を超えるところまで回復したため、基調判断を「消費者マインドはこのところ持ち直しの動きがみられる」に、2カ月連続で上方修正した。
 指数を構成する「暮らし向き」や「雇用環境」などの4指標がすべて改善した。 

【関連ニュース】
基調判断を上方修正=7カ月ぶり-2月消費動向調査
2.5ポイント、過去2番目の上昇=1月の景気動向指数
二番底の懸念薄れつつある=宗岡鉄連会長
セシール、管理職対象に25人の希望退職募集
指数、1.4ポイント上昇=1月の消費動向

永田町で「八方ふさがり」の舛添氏 人気者との連携に活路を求めたが…(産経新聞)
奈良公園のシカに矢 撃った容疑2人逮捕(産経新聞)
<三好市長選>現職の俵氏が再選 徳島(毎日新聞)
新党?連携? 舛添氏、あす東国原氏と会談 橋下氏は連携否定(産経新聞)
火山噴火 関空ローマ便が出発便再開へ(毎日新聞)
[PR]
by mb2q4mksha | 2010-04-20 14:46
 福岡市博多区の食肉加工販売会社から約1000万円を着服したとして、福岡県警博多署などは8日、業務上横領容疑で同市東区馬出、元経理担当社員榊知歌子容疑者(61)を逮捕した。
 同署は榊容疑者が2003年10月から約5年間で総額約2億6000万円を着服し、高級ブランド品購入やホストクラブなどの遊興費に充てたとみている。自宅などの捜索先からはかばんや衣服など500点近くの品を押収した。同容疑者は着服を認める供述をしているという。
 逮捕容疑は03年10月下旬から12月下旬にかけ、会社名義の金融機関口座から1080万円を引き出して横領した疑い。
 同署によると、榊容疑者は毎月の給与やボーナスの支払いに併せ、1回に100万〜400万円程度を余分に引き落として着服。ブランド品購入に約6000万円、遊興費に約2000万円を使ったといい、ハワイなど海外旅行へも8回行っていたという。 

【関連ニュース】
健保組合、過去最大の赤字=10年度予算で6600億円超
夏のボーナス、下げ止まりか=平均1.8%増
NOVA元社長を不起訴=特別背任容疑、管財人告発
冬賞与、初の40万円割れ=減少率最大の9.3%
計3回、殺虫剤を混入=「給与格差で報復」と呂容疑者

将棋 急戦調の横歩取りに 1日目終わる 名人戦第1局(毎日新聞)
<国分寺路上遺体>20代の男6人 殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)
<相続税法違反>遺産2億円脱税…開業医の遺族、国税が告発(毎日新聞)
1人2200万円で決着へ=9日にも最終解決案−JR不採用問題(時事通信)
首都高の上限900円 高速新料金、エコ割も(産経新聞)
[PR]
by mb2q4mksha | 2010-04-14 11:49
 初めて日本人宇宙飛行士2人が同時に滞在している国際宇宙ステーション(ISS)が8日早朝、日本海の上空を通過した。福岡市では午前5時1分から約3分間、太陽光を反射して輝く明るい光が西から北東の空へゆっくりと横切った。

 ISSには昨年12月から、野口聡一宇宙飛行士が長期滞在中。さらに、7日には山崎直子宇宙飛行士を乗せて打ち上げられたスペースシャトル「ディスカバリー」がドッキングし、2人の対面が実現した。

 北部九州、山口では10日午前4時17分ごろにも北の空で観測のチャンスがある。見晴らしが良く、街明かりの影響の少ない場所が観測には適しているという。ISSの詳しい軌道情報は宇宙航空研究開発機構(JAXA)のホームページで公開されている。【野田武】

【関連ニュース】
山崎宇宙飛行士:ISSで野口宇宙飛行士と対面
スペースシャトル:アンテナに不具合
シャトル:「ママ頑張って」山崎さんに家族らエール(1/3ページ)
スペースシャトル:山崎直子さん、物資移送責任者の重責
スペースシャトル:山崎さん、苦難乗り越え待望の宇宙へ

協力しないなら「内閣去れ」=市町村への権限移譲で−原口総務相(時事通信)
特別背任容疑で告発のNOVA元社長、不起訴(読売新聞)
原画や愛用の道具展示 藤子ミュージアム(産経新聞)
自民・園田氏、谷垣総裁に離党届提出(読売新聞)
今夏にもスマートグリッド実証試験(産経新聞)
[PR]
by mb2q4mksha | 2010-04-09 01:15
 埼玉県警捜査1課と川越署などは3日、川越市脇田町、自称写真館経営田島克久容疑者(45)を電汽車往来危険容疑で逮捕した。

 発表によると、田島容疑者は同日午前4時10分頃から20分頃にかけ、坂戸市関間の東武東上線上り線路内に自転車2台を投げ込んだ疑い。

 けが人はおらず、電車の走行に影響はなかった。

 同署幹部によると、同線では昨年8月頃から、走行中の電車に石のような物が投げつけられ、窓ガラスが割れるなどの被害が二十数件あり、同署員らが警戒していたという。田島容疑者は「やってない」と容疑を否認しているという。

<掘り出しニュース>「どうぶつしょうぎ」女流棋士が指導(毎日新聞)
コーヒー豆商標訴訟でエチオピア勝訴=特許庁の審決取り消し−知財高裁(時事通信)
高速道に上限料金=車種別、6月から−普通車2千円、軽千円・国交省(時事通信)
普天間、首相は公約違反=共産委員長(時事通信)
30、40代女性の「喫煙率」 なぜ上昇気味なのか(J-CASTニュース)
[PR]
by mb2q4mksha | 2010-04-06 00:02
 人事院は30日、2009年に懲戒処分を受けた一般職国家公務員は757人だったと発表した。就業時間中に違法な組合活動に携わるヤミ専従により、農林水産省での処分数が増加したため、全体でも前年比164人増となった。
 省庁ごとの処分者数は、農水省が370人で最も多く、法務省93人、国土交通省62人、国税庁52人、厚生労働省41人と続く。
 処分内容別では、最も重い免職が34人。このほか停職が102人、減給322人、戒告299人となっている。 

【関連ニュース】
国家公務員再就職で調査=総務相
民間38人、官僚OB6人起用=第2弾の独法役員公募
警視庁警部補を現行犯逮捕=電車内で痴漢の疑い
元社保庁職員に逆転無罪=「機関紙配布、処罰は違憲」
役員から国会議員一掃=国保中央会

アウディ ルマン車、パワーダウンに空力性能アップで対処
<天皇、皇后両陛下>京都・東山の「月輪陵」拝礼(毎日新聞)
眞子さまと佳子さま卒業式(時事通信)
原口総務相「個別の案件は答えられない」 小林議員進退で(産経新聞)
土地所有者情報紛失 宮城・福島で計48万6000件に(河北新報)
[PR]
by mb2q4mksha | 2010-04-01 04:43